はじめての方へ

はじめまして。

お客様にも運命にも愛される起業家になるお手伝いをしております。

ビジネス占星術コンサルタント


紺野 綾(こんのあや)です。

2003年に起業してから13年

ビジネス占星術コンサルティングや、天然石とフラワーエッセンスを使用したセラピーでのカウンセリング、なりたい自分になるアクセサリーのオーダーでのご相談を通じて、3000名以上の皆様のお悩みや夢をうかがってまいりました。

働く女性も多く、セラピスト、エステティシャン、カメラマン、ハンドメイド作家、フラワー・デザイナー、画家、カラーコンサルタント、福祉関連、占い師、飲食店経営、ヨガ講師、ベリーダンスやバレエの講師、結婚相談所経営、ライター、教師、医師、看護師など…と実に多様です。

その中で、次第に強まってきた思いがあります。

「悩んでつまずいている、働く女性の力になりたい。」

私がこの仕事を始めたきっかけ

20代のころ、原因不明のひどい湿疹に悩まされ、仕事を辞めてバリ島で1ヶ月ほど療養をしたことがありました。

その時に出会った日本人のヒーラーさんに、「綾さんはきっとヒーラーに向いているから、勉強してみたら?」と言われ、背中を押されたのが私にとって転機のきっかけでした。

人生で仕事に関わっている時間は結構長い…。

早く終業の時間にならないかな~と思いながら退屈な仕事を日々続ける生き方が、実は自分には合っていないのではないか?

だとしたら、この人生で本当にやりたい、好きだと思える仕事をしたい。

お客様になってくださった方が幸せになったり、喜んでもらえるような仕事がしたい。

そんな思いを胸に、数々のセラピーやヒーリングを学び、神奈川県の鎌倉でヒーリングサロン「ティルタ」をオープンしたのが2003年。

翌年、2004年にパワーストーン・アクセサリーのwebショップ「Sunya(スーニャ)」をオープンしました。

天然石の世界に魅了され、癒され、導かれる

鎌倉のヒーリングサロンの中で行っていたセッションの中でも特に人気が高く、効果を実感していただいていたメニューが「クリスタルヒーリング」でした。

まさに魂が洗われるような深い深い癒しの時間。

天然石の発する精妙な力を日々実感しながら、なんとかこの癒しの力を、お客様がしばらくヒーリングを受けていない期間や、直接お会いできない皆様にもお伝えできれば…。

そんな思いから生まれたのが数々の天然石のアクセサリーたちです。

土星の学びと試練の日々

フリーランスで仕事をするには自分で舵取りをしていく必要があるのですが、先のことはわからないし、何をどうしてよいのかわからないことも多くて手探り状態。

心をポジティブに保つようにしていても、迷ったり悩んだりする要因はなくなりません。

好きなことをやっていても、むしろ、好きなことを仕事にしているからこその学びや困難さというものもあったりします。

今思えば、特に辛かったのは、土星が私の太陽星座である乙女座に滞在していた期間(約2年半)でした。

当時お付き合いしていた人との婚約が破談になり、半ば鬱状態で仕事に没頭する日々。

仕事ではやりがいを感じていて、お客様との関係は良好なまま続いていましたが、いつ抜けられるのかわからない暗いトンネルの中で、出口を探してもがいているかような精神状態でした。

まるで一人で戦っているかのような孤独な日々でしたが、自分であえてそうしていたようなところもあったように思います。

誰かに頼ったところで気休めしか得られず、ストイックに目の前の課題に取り組む以外、答えが出ないように感じていました。

当時は、セッションを受けてくださったお客様の笑顔と、お会いする度にポジティブに変化していかれるその姿に癒され、自分自身が救われているような思いがありました。

心の支えだった西洋占星術

そんな中、当時独学で勉強していた西洋占星術が私にとって一番の心の支えになってくれました。

人は、理由のわからない苦しみには耐え難いものですが、それが価値のあるものだと思えると、乗り越える力が湧いて来るものです。

土星が与えるプレッシャーは自分を成長させてくれるものだという理解がありましたし、いつ頃この学びと試練が終るのか、その時期を知ることが出来ました。

実際、土星の滞在期間が終わる頃には、仕事に関して自分がそれ以前より一回り成長したと思えるような、確かな手応えのある状態になっていました。

その後、師について本格的に西洋占星術を学び、今では仕事に関してのみならず、人生をより豊かなものにするために活かしていく方法を研究する日々です。

幸せな働き方について改めて考える

前述の、試練の時期が終わったあと、ものすごく仕事が忙しい時期が続きました。

朝から晩まで仕事づくめ。

とても充実していましたし、それは自分が望んでいたことではあったのですが、ある日突然、気がついて愕然としたことがあります。

食べ物の味がわからない…。

味覚異常です。

自分が思っている以上にストレスがかかっていたのだと思います。

それから、自分にとっての幸せな働き方について改めて考えることになりました。

確かに夢を叶えて、好きなことを仕事にして、多くのお客様にも喜んでいただいて、忙しくも充実した日々を過ごし…。

でも、友人と遊ぶ時間もとれず、趣味にも気持ちの余裕がなさすぎて集中できず、愛し愛されるパートナーもいない。

ずっとこのままで良いのか自分?

自分らしく満たされる働き方とは?

極端な状態を経験して初めて実感したことですが、女性はやはり男性以上に「トータルに満たされること」を目指したほうが幸せを実感しやすいのではないかと思います。

もちろん、がむしゃらに頑張ったから見えてくることもあると思います。

でも、最終ゴールは、女性の視点から見た、自分らしく満たされる働き方を実現していただきたい。

そんな思いがあります。

強さとしなやかさ。柔らかさ。

争いではなく、人と繋がりながら助け合いの中で物事を成就していくスキル。

女性が本来得意とするその能力がこれらかの時代を変えていく力になっていきます。

でも、そんな女性には様々な顔があり、人として、女として、母として、娘として、その節目には人生のステージの大きな変化が何度となくやってきたりします。

抱えている悩みも自分の仕事のことばかりではなく、家族のこと、パートナーのこと、友人や関わりのあるコミュニティの問題など、尽きることがなかったりしますよね。

そんな中で、うまくいかない思いを抱えながら、夢や望む働き方の実現を諦めたくなってしまうこともあるかもしれません。

コンサルティングの中では、古代メソポタミヤ文明以来5000年の歴史のある、人類の智慧と探求の結晶とも言える、西洋占星術の叡智をもとに、ビジネスの可能性を開花させるお手伝いをさせていただいています。

また、ヒーラーとして長年お客様の心身の健康に携わってきた経験から、スピリチュアルな視点やエネルギー的観点からの情報も必要に応じてお伝えしています。

なぜか会うだけで元気になった!前向きな気持ちになれた!と嬉しいお声も多数。

この人生は一度きり

考えてみてください。

この人生は一度きりしかありません。

その中で悩んだり迷ったりして進めなくなる時もあるけれど、やりたいと思うことにチャレンジもしないで終わりにしてしまうのはあまりにもったいない。

もちろん、夢に挑戦していくことは、必ずしも楽なことばかりではありません。

やっていくうちに不安になったり自信をなくしてしまうこともあるかもしれない。

たとえ自分に自信がある人であっても、変わり目には迷いがあるものです。

でも、そういうもの全てを超えて挑戦する人を応援したい。

それが私がこの仕事をやりたいと強く思う理由です。

プライベートなことなど

●東京都世田谷区在住。
出身は神奈川県横浜市で、過去に住んだことのある場所は、鎌倉市、藤沢市、東京の新宿区、中野区、小平市、小学生の頃は茨城県にも少しと、引越の多い人生です。
●3歳年上のデザイナーでギター弾きの旦那さんと二人暮らし。
●武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業。
●O型っぽいB型  乙女座。動物占いではペガサス。
●パーソナルカラーはサマータイプ。
●好きな香りは…クラリーセージ、くちなし、ネロリ。
●好きな食べ物…桃、寿司。
●好きな言葉
「自分の人生の一瞬一瞬と恋に落ちよう」  by ジャック・ケルアック
「人は自分の問題をすぐ環境のせいにするけれど、この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む環境を探しに行く人、見つからない時は自分で創り出す人である」  by バーナード・ショー
●フェチなことは…ふわふわ、キラキラ、ぷにぷに。