200年ごとに移りゆく、時代のテーマの変わり目〜グレートミューテーションとは?

グレートミューテーション

 

こんにちは。紺野です。

一昨日の、2020年は時代の転換期~グレートコンジャンクションについて

昨日の、木星+土星+冥王星が意味するもの~グレートコンジャンクションについて

に引き続き、2020年のグレートコンジャンクションについてお伝えしていきます。

 

グレートコンジャンクション(木星と土星の合)が何かはわかったし、そこにさらに冥王星が関わってくると強烈な影響が出ることもわかった。

じゃあ、2020年の星回りが滅多にないほど特別である3つ目の要因、グレートミューテーションというのは一体何なのでしょう?

グレートミューテーションとは?

グレートコンジャンクションとは、約20年ごとにある木星と土星のコンジャンクションのことですが、このコンジャンクションが起こるサイン(星座)のエレメントが変わることを言います。

 

エレメントとは、

火(牡羊座、獅子座、射手座)

地(牡牛座、乙女座、山羊座)

風(双子座、天秤座、水瓶座)

水(蟹座、蠍座、魚座)

の分類のとこを言います。

 

グレートミューテーションは約200年~240年ごとにあるのですが、今までずっと地のサインだったのが、風のサインに移り変わるタイミングなのです。

1663~火

1782 射手座 火

1802 乙女座 地

1821 牡羊座 火

1842 山羊座 地

1861 乙女座 地

1881 牡牛座 地

1901 山羊座 地

1921 乙女座 地

1940 牡牛座 地

1961 山羊座 地

1981 天秤座 風

2000 牡牛座 地

2020 水瓶座 風

 

最初に地の星座でグレートコンジャンクションがあったのが、1802年。

この頃から産業革命が起こり、物が大量に生産され、土地やお金や物を所有することに高い価値があった時代でした。

 

サインの移り変わりを見ていただくとわかるのですが、一度次のサインに移ってから、次の20年はまた元のサインに戻り、最終的に新たなサインに移っています。

こちらの記事にもありますが、1981年に風のサインに移ったことでパソコンが普及して高度情報化社会の始まりを感じましたが、2000年にはまた地のサインに戻っています。

2000年からも、断捨離などが流行ったりして、物を持たない豊かさという価値観が重要視されるようになりましたが、お金を持っていることが安心感につながるという意識はベースにありましたよね。

時代は一気に変わるというより、こんな風にグラデーションで変わっていくんですね。

 

地のサインから風のサインに切り替わることによって、今までステイタスの象徴だったものが価値がなくなり、全く違った価値にとって交わられることになりそうです。

所有ではなくシェアという視点からのレンタルサービスも増えてきていますよね。

また、テクノロジーの進化や超高度情報化社会の到来で、私たちの暮らしが今までとは全く違ったものになっていくと思います。

 

12月22日のグレートコンジャンクションがあるのは水瓶座です。

水瓶座は自由・平等・博愛のサインですし、個を超えた人類愛、目先の対処ではなく人類の未来にどう役立つのか?という視点を持つサインなんですよね。

それは、本当の意味で人道的で、みんなが幸せになれて、地球や人類の叡智からの恩恵を分かち合うことが出来る世界を創っていける希望を持つことができるんなんじゃないかと思います。

 

もちろん、何かが大きく変わるときは痛みが伴うものですし、便利になることもあれば、新しいタイプの犯罪が出てくることもあります。

それでも、この変化は誰にも止められないこと。

だとしたら、せっかくですから、こんなすごい時代に生まれたことに感謝して、しっかりこの人生で隅々まで体験するしかないですよね。

 

ということで、2020年のグレートコンジャンクションと冥王星、グレートミューテーションについてでした。

明日は5月の12星座の運勢をアップしますので、よかったら観てみてくださいね。


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. 人はなぜ迷うのか
  2. 砂の上のハート
  3. ローリング・ストーンズ
  4. 2020年の手帳
  5. ワンダーウーマン
  6. 蟹座マーク
PAGE TOP