6月6日は射手座満月(月食)〜光のサイドに焦点を当てて、ちょっと遠くの目標を目指してみる

射手座 満月

こんにちは。紺野です。

自粛が解除されて、近所にある保育園にも子供たちの声が戻ってきましたが、

朝「行きたくない~!」と泣きじゃくっている子もちらほら。

私も保育園は嫌いだったので、その気持ち、よくわかるよ。

 

保育園に行くのが嬉しい子もいれば、ずっとお家にいたい子もいますよね。

大人も、ずっとテレワークが良かった!という声も聞きます。

働き方も変わっていく過渡期なのだと思いますが…。

明るい面、光のサイドに焦点があたるとき

そんな中、明日は射手座の満月です。

今回の満月は半影月食を伴う、パワフルなタイミング。

ウィルスでちょっと暗くなってしまった世の中の明るい面、光のサイドに焦点が当たり、パッとムードが変わっていくのではないかと思います。

 

ただ、木星が支配星である射手座は、ある意味とても楽観的で細かいことを気にしない、ざっくりしたところがあります。

ここのところ、また少し感染者の数が増えて「東京アラート」などが出たりしていますが、自粛解除されたから大丈夫なんじゃない?と気が緩んで大胆な行動に出たくなってしまう傾向が出てきそうです。

ポジティブな向上心を持って、ちょっと遠くの目標を目指す

一方でそのポジティブさとフットワークの軽さが、現状打開の力になっていく可能性もあります。

今はアフターコロナ、ウィズコロナなどという言葉も出てきて、これから何をどうしたらいいのかを誰もが考えている時だと思いますが、これだ!と思ったら、モタモタせずにさくっと変えていくことができる人は強いな、と思います。

射手座はミュータブル(柔軟宮)なので、そういう、いざという時の柔軟性が出てきそうなんですよね。

 

そして、まさに放たれた矢の如く、目標に向かってまっしぐらに突き進んでいくようなエネルギー。

なので、今は思うようにいかないことが多かったとしても、ちょっと遠くの目標を掲げて、いっそのこと現状維持どころかレベルアップしちゃうぞ!くらいの向上心を持ってみると良いかもしれません。

 

6月の満月はストロベリー ムーンなどとも呼ばれていて、ロマンチックな意味があるそうです。

明日は大切な誰かと過ごしてみるのも良いかもしれませんね。


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. 蟹座の月
  2. 活動宮のグランドクロス
  3. スケジューリング
  4. 山羊座の月
PAGE TOP