最高の1日を過ごす魔法をかけるには?~在宅勤務でメリハリがなくなっている生活を解消!

最高の1日を過ごす魔法

こんにちは。紺野です。

最近、友人と話していて話題になったのが、在宅勤務での働き方のこと。

その友人は、以前は通勤していたのですが、コロナ禍になってからはずっと在宅ワークなんだそうです。

そうすると、仕事とプライベートがごっちゃになってしまって、1日の中でメリハリがつかなくなるのだとか。

 

私は十数年前に自営業を始めてからずっと在宅で仕事をしているので慣れてしまっているのですが、確かにこれ、難しい人には難しいんですよね。

時間が自由に出来るのは、やりやすいこともあるけど、家でののんびりモードから抜けられなくて、結局ダラダラ過ごしてしまうことがあるわけです。

 

気がついたらもう夕方!

でも、何も仕事が進んでいない…。

なんてことになるんですよね。

最高の1日を過ごす魔法をかけるには

じゃあ、どうしたらいいのか?ということですが、

肝心なのは朝の時間です。

その日1日、充実した最高の1日にするために、魔法をかけていきましょう!

ToDoリストを作る

それ、魔法じゃないじゃん!と思うかもしれませんが、魔法の下準備のようなものと思ってみてください。

まずはその日にやることをToDoリストにしてみましょう。

 

リストにしなくても全部頭に入っているし、思い出しながらやればいいよ、と思っていても、何度も考えて思い出すのって、案外脳に負担なんですよね。

1つのことに集中しているときは、次にやることのことは忘れていたりしますから、抜けますしね。

朝、リストを作る時間が無いようであれば、前の日の夜に書き出しておくと良いと思います。

1日の終わりをイメージする

ここから、魔法をかけていきます。

ToDoリストが終わったら、5分でもいいので集中できる時間をつくってください。

そこで、今日の夜、寝る前の時間を思い描いてみましょう。

 

その時、あなたは

「今日はなんて充実した1日だったんだろう!」

達成感のような、ちょっと誇らしいような気持ちに満たされています。

 

あなたは今日、ToDoリストに書いたことを、次々にこなしました。

その1日を、あれもやったな、これもやったな、振り返るように思い出すイメージをしてみてください。

 

「面倒だと思っていたことも、手をつけてみたら意外と楽勝だったな!」

とか、

「苦手と思っていたAさんと打ち合わせしたけど、機嫌が良かったのか、いい感じに話がまとまったなぁ。」

などと、最終的に「よかったなぁ」と思える展開をイメージしていきます。

 

そしてここが重要ですが、

喜び、嬉しさ、充実感、ほっとする感じのような、その日の夜にこんな感じになっていたいな、と思うポジテイブな感情を感じます。

 

朝に、その日の夜になって、充実感を感じている自分をイメージするんですね。

 

イメージするのは何度やってもタダですから、騙されたと思ってやってみても損はありません。

やってみると、1日の中でなぜかうまくいくことが増えて、結構びっくりすると思いますよ。

ぜひ試してみて、あなたにとって最高の1日を創ってみてくださいね。

ではまた♪


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. 幸運体質になるには
  2. 脳の疲労を減らす方法
  3. 運が良くなるシンプルな方法
  4. 言葉を誤解されやすい
  5. お姫様
  6. 美と人とお金に愛される秘訣
PAGE TOP