幸運体質になる99の方法:その17「情熱とともにある」

赤いバラ

こんにちは。紺野綾です。

最近はよく、近所のカフェにパソコンやタブレットを持って行って文章を書いています。

午前中は店内も空いていて、ゆったりした音楽がかかっているのでリラックスできるんでよね〜。

しかも集中できるので、お気に入りです(^-^)

さて、「幸運体質になる99の方法」ということで、詳しい趣旨はこちらの記事です。

幸せになれる体質改善!その17は、

「情熱とともにある」

「幸せのかたち」って本当にひとそれぞれだと思います。

あたり前のことながら、何に対して幸せを感じるのかが人によって違うからです。

○○すれば幸せになれる!

と人から言われて手に入れてみたけれど、何か違った…ということもあるわけです。

人はみんなその時代の風潮や価値観に影響を受けるわけですが、それが自分の本当の欲求とズレていることもありますよね。

なので、世間や人の言う、「○○すれば幸せになれる」という枠に自分を入れ込もうとしても、意味がなかったりします。

表面的な体裁が整っていたところで、自分自身の本質に触れていなければ、どこかにむなしさを感じるものです。

じゃあいったい、どうしたららいいの?

何を選び、何をしたらいいの?

と思いますよね。

それを知るきっかけとしては。

「自分の情熱のありか」

に気づくことではないかと思います。

情熱というと何か大げさな印象があるかもしれませんが、ささいなことでもOKです。

何かすごく夢中になれたり、わくわくすること。

心から面白いと思えること。

仕事でも趣味でも、家事とかも。

例えば、家の中を完璧に美しく整えることに情熱を燃やす人もいます。

それがこの先何に繋がっていくのかわからなくても、変わった趣味と思われても、それに関わっている時の情熱が本物で、それが本当に大好きであれば大切にするべきです。

多少、人から変わった人と思われても別にいいじゃないですか。

窮屈な思いをするよりは。

漠然とした幸せのイメージを追いかけるより、「誰もが羨むような何か」を手に入れるより、自分自身のリアルな喜びを指針にしたほうが間違いないと思いませんか?

自分が夢中になれたり、大好きだと思える何かが日常の1コマにあれば、自分を見失わないでいられるのではないかと思います。

なにしろ、夢中になれる何かがあるということは、それ自体がものすごーく幸せなことです。

でも、本来はすごくシンプルなことなのに、忘れてしまったり、惑わされたりしがちなことですよね。

最近、わくわくしたり、何かに熱中することもなかなか無いな~と思われる方は、「情熱のありか」思い出してみてくださいね。

以前にやってみて、すごく楽しかったことでもOKです。

思い出して、実際にやってみてください。

どうしても思いつかない方は、何かに夢中になっている誰かに会って、影響を受けて感化されましょう。

情熱というのは魂の発露なので、感染ります(笑

誰かの魂の発露(情熱)が本物であれば、側にいる人は自分も何かやりたい!という思いに駆られるようになって、うずうずします。

「本物」とはそういうものだからです。

ぜひ、本物の情熱をみつけて、今度は自分が感染す側になってくださいね。

そうなった暁には、もう幸運体質なんてどうでもいいと思えるくらいに、大好きなことに夢中になっているに違いありません!

ちなみに、情熱をサポートしてくれる石の1つは、カーネリアン。

カーネリアン&ローズクォーツ・ブレスレット

燃える情熱パワーが足りない気がしたら、取り入れてみてくださいね。

行動力やバイタリティーを高めてもっと積極的な人になりたい!と思う方にはぴったりです。

ローズクォーツ&カーネリアン・ブレスレット