来年こそは、いつかやろうと思っていることをやる!ヴィジョンやアイデアを形にしていくために必要なこと

2020年の手帳

 

こんにちは。紺野です。

そろそろ2020年の手帳が発売される時期です。

早いものはもう発売になってますよね。

 

毎年いろんなタイプが増えていて、来年の手帳、どれにしよう?

と迷うのもなかなか楽しいんですよね~。

 

私はここ何年かはほぼ日手帳をメインで使っていましたが、来年からはこれ!

A5サイズのバインダータイプのものです。

来年の手帳

 

というのも、ほぼ日のA5サイズはとても気に入っていたんですけど、毎日1ページ全部に書くこともないですし、ノートとして使おうとしてもどこに何を書いたかわからなくなってしまうし、ちょっと重いというのがあったんです。

重いと持ち歩くのにも困るので、結局打ち合わせのときは小さい別の手帳を持って行ったりしていました。

 

でも、バインダーなら自分で好きなだけ用紙を足してノートとしても使えるし、カレンダーのページもあるから予定の管理もできるし、好きなようにカスタマイズ出来るから便利だなと思ったんですよね。

 

新しい手帳を買って、来年どうしようかなーという時に私が最初にするのが、来年の星回りを出すこと。

何年も前から、この年はこんな年だなーという目星(?)はつけているのですが、翌年の細かい星の時期を出すのはこのタイミングでやっていきます。

 

それで、◯月頃イベントやろうかな?とか、新しく始めたいことは◯月の中頃までに準備しておこう!と考えていくんです。

 

やりたいことがあっても、未来のいつかやろう、だと形にならなくて、いつまでも構想のまま止まっちゃうことってありますよね。

日々の忙しさに追われるので一杯で、気づけば時間だけ経ってしまったり。

 

誰かが決めてくれる予定だったらいいのですが、自分で自由に決めることが出来ることはそうなってしまいがち。

 

そのヴィジョンや構想をちゃんと形にして動かしていくために必要なのは、

 

締め切り

なんですよね。

 

いつまでにやる!と決めること。

 

でも、何を基準にその締め切りを決めていくの?

と思ったときに、強力に後押ししてくれるのが、この星のタイミングなんです。

 

だって、どうせなら良い時期に行動を起こして幸運のスパイラルの波に乗りたいですし、良いタイミングを逃したくないじゃないですか。

 

年が終わる頃、あれもこれもやって楽しんで、充実した最高の一年だった!と思いたいですよね。

 

そのためにも、星の時期をみながら予定を立てていきます。

 

何もしなければ何も始まりません。

いつかやろう、と思っていたこと、来年こそは動かしていきましょう!

まずはお気軽にご相談くださいね。

2020年を最高の「飛躍の年」にしたい方はこちら


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. マイケル・ジャクソン
  2. 美と人とお金に愛される秘訣
  3. 水瓶座
  4. 木星射手座
  5. 天秤座とパートナーシップ
  6. 葉っぱと女性
PAGE TOP