どうなる?あなたの2021年〜世の中がどんな状況でも、運勢は人によって違うということ

2021年・開運手帳セッション

こんにちは。紺野です。

いよいよ暮れも押し迫ってまいりました。

今年はあなたにとって、どんな1年でしたか?

 

私は一年を振り返ってみて、年始に計画していたことは頓挫したものもあり、進んだものもあり。

というような感じだった気がします。

 

それにしても、2020年は大変な年になりましたね。

ある意味、今年は1つの時代が終わる節目のようなタイミング。

そして、2021年からは次の時代への扉が開かれます。

古い制限や価値観を打ち破って、新しい世の中に生まれ変わる

この12月には、木星と土星がそれぞれ山羊座から水瓶座に移動し、そこでコンジャンクション(合)になるという星のイベントがありました。

山羊座の支配星である土星は制限や忍耐、古いものなどを表す星ですが、そこから解放される力が働くかのように、水瓶座の支配星である天王星は革命や自由、突然の変化などを意味します。

なので、ここからは古い制限や価値観、社会構造を打ち破って、新しい世の中に生まれ変わっていきます。

天王星は「発明」という意味もありますので、SFの世界かと思うような驚くような新発明が暮らしをガラッと変えていくこともあると思います。

どんなことが起こるんだろう?と思うとワクワクしますよね!

土星と天王星のスクエア

ただ、ちょっと気がかりなこともあります。

前回のブログでも少しお伝えしましたが、時代が大きく移り変わるときというのは、世の中が不安定になります。

時には痛みが伴いますよね。

 

星回り的にも気になるのは、2021年の2月から2022年の10月頃にかけて、土星と天王星のスクエアができること。

これはなかなかハードで、不況や食糧危機、戦争などと関わりがあるとされているものなんです。

 

不況に関しては、もうすでにコロナの影響がありますから、ある程度予想ができます。

世の中がどんな状況でも、そこからどんな影響を受けるかは、星回りによって違う

ただ、どんなに不安定な時でも、地域や個人によって全然受ける影響が違うもので、経済的にもむしろ伸びる業種があったりもしますよね。

同じ業種の中でも、やはり個人個人で影響が違います。

 

そういう意味でも、世の中の情勢や星の動きを知るとともに、自分自身が今どんな星の影響を受けているのかを知って、活かしていくことが益々大事になってくるように思います。

来年はもしかすると、ものすごいチャンスの年かもしれませんし、逆に慎重になったほうが良い年かもしれません。

 

今、先が見えなくて不安な気持ちでいらっしゃる方も少なくないかもしれませんが、そういう時、ばく然としているから不安だったりしませんか?

 

いつ、どんな星回りになっているのか「見える化」できると、腹が決まるというか、納得できて歩に落ちます。

そこから乗り越える力も湧いてきます!

やりたいことも方向性も見えてきます。

 

ということで、2021年のあなたの運勢はどうなっているでしょう?

「2021年・開運手帳セッション」

2021年の星回りはどうなっているのか。

自分だけの特別な幸運日や注意日を知って、幸運体質を育てていくにはどうしたらいいのか。

ばっちりお伝えしていきたいと思います。

 

先日のセッションでも、「受けてみてよかった〜!」とご感想をいただきました。

2021年は未来への希望とすっきりした笑顔でスタートしてみませんか?


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. 金星と女性の魅力
  2. 牡羊座
  3. サイン・オーバーロード
  4. アート観賞
  5. 冥王星
  6. 木星
PAGE TOP