行動出来る人になる方法〜やる気が起こる脳の仕組み

行動力

こんにちは。紺野です。

「運」というのは「運ぶ」という字を使います。

そこには動きがありますよね。

物事は動かなかったら…

淀んでしまいます。

淀みなく動かすこと=行動力

なので、運気を良くするためには、

「行動力」を高める

ことがとても大事なんですよね。

あなたは、

行動力があるほうだなと思いますか?

もし、なかなか行動に移せなくて悩むこともよくあるなぁと思いあたるなら、この記事に目を通してみてくださいね。

行動出来る脳の仕組み

人間の身体には

「やる気スイッチ」

があるのをご存知でしたか?

それは、脳の中にある

「側坐核」

という部分なんです。

でも、脳にあるスイッチなんて、どうやって押すのかしら?

と思いますよね。

どうするのかというと…

とにかくまず行動する!

ちょっとでも行動を起こすと、スイッチが入って、次の行動もしやすくなっていきます。

ずっと先延ばしにしていたけど、始めてみたら実は簡単だった!

ということはよくありますよね。

最初の一歩が踏み出せないときは

行動力に自信がないと、最初の行動を起こすのがまず難しかったりします。

最初の抵抗感が大きいんですよね。

では、どうしたらいいのかというと…

最初の一歩を出来るだけ小さくします。

何か運動でもしないと体がなまっているな〜と思ったら、

トレーニングのウエアやシューズを準備するのがまず一歩。

旅行したいけど、計画するのが億劫だなと思ったら、

旅行代理店のサイトを開くのがまず第一歩。

掃除が面倒だけど床のホコリが…と思ったら、

掃除しようと思わなくてもいいので、掃除機を出してきてコンセントに差し込むまでが最初の一歩。

そんな感じで、ちょびっとだけやります。

3分もかからないですよね。

でも、そのたったの3分の行動でスイッチが入りますので、これは小さく見えてすごく大きな一歩なんです。

疲れがたまっているときは

行動できない理由が、ものすごく疲れが溜まっていてもう限界!

ということなら、まず最初にその疲れを癒すことから始めてみましょう。

どんなに行動力に溢れた人でも、やっぱり疲労が溜まっていると、そんなに動けないものです。

ということで、ちょっとだけの一歩!を繰り返して、やる気スイッチをON!にして、行動できる人になってみてくださいね。