やりたい仕事が2つある場合、どちらか1つに絞るべき?

開運手帳セッション

こんにちは。紺野です。

今日は、今までに何度もセッションを受けてくださっているY様がいらしてくださいました。

サロンはオープンしたばかりなので、今まではカフェやラウンジでのセッションだったのですが、新しいスペースになってもまたお会いできるのは本当に嬉しいです。

 

毎年、開運手帳セッションなどで1年間の運勢を観させていただくと、これまでの流れやお気持ちの変化も含めてお話ができるんですよね。

「この一年は、このタイミングでこんなことがありました!」

というご報告を聞かせていただくのは、私にとっても楽しい時間なんです。

 

なるほど、この星回りをこんな風に使ったのね。

じゃあ、夏頃に来るこの時期はこんなことに気をつけてみるといい感じね。

と、いままでただの「図」だったものが、リアルに立体的に見えてくるんですよね。

 

今回は、2つのお仕事・活動で、どうやって両立させていくか、もしくはどちらか一方に絞るべきか?というご相談でした。

複数のお仕事や活動をしていらして、この先も全て続けていくべきか、何かを辞めたほうがいいのか…?というご相談は割とよくいただきます。

どちらも嫌いじゃなかったり、切羽詰まった環境でもなかったりすると、余計に迷いますよね。

 

そういう場合、これから1年の時期ももちろん観ますが、もっとずっと先の星回りも観て考えていくことがあります。

そうすると、今このタイミングで両方やったほうがいいのか?どちらか一方に力を入れていったほうがいいのか、もっと長い時間軸で見えてきたりするんです。

目先のことだけ気にしていたのでは、見えなかったことが見えてくるんですね。

やりたいことを全部やるほうがいいのか?1つに絞ったほうがいいのか?という問題は、人にもよるし、その時期によっても答えが違ってきます。

 

あとね、星に聞いてみると同時に、心に聞いてみることも大事だなって思っています。

やっぱり、心のどこかでこれは違うな〜と思っていることは、いづれ続かなくなるんですよね。

やっていて楽しくないですし。

 

私自身も、今までの人生でいろいろな選択で迷ってきましたが、迷って迷って選んできたことが、今の自分をつくっているんだなぁとしみじみ思います。

どちらを選んでも間違いではないかもしれない。

でも、星回りと心の声に耳をかたむけて、より本来の自分になれるような選択ができるといいですよね。

 


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. 水星逆行
  2. 蟹座新月
  3. カレンダー
  4. ヒーリングサロン・ティルタ
  5. スケジューリング
  6. 西洋占星術セッション
PAGE TOP