占いで結婚の時期を決めるとき、結婚式の日よりももっと重要なタイミングとは?

占いで結婚の時期を決めるとき

こんにちは。紺野です。

西洋占星術の開運法で重要なものの1つに星回りの良いタイミングで行動するというものがあります。

特に結婚や事業のスタートといった、長期的に続いていく大きな変化の一番最初の時期というのは、かなり重要なポイント!というのは、どこかで聞いたことがあるんじゃないかと思います。

昔から、結婚の日取りを決めるのに大安の日にするなど、縁起のよい日を選んだりしますよね。

普段からすごく縁起を気にするわけじゃなくても、結婚の日となれば話は別、と考える人もたくさんいます。

でも、一般的に縁起の良い日にするのは結婚式の日だったりしませんか?

実はこれ、西洋占星術などの占いで良い時期を決めようと思うなら、ちょっと違うんです。

もちろん、結婚式の日も良い星回りのほうが好ましいんですが、これからの2人の結婚生活を幸せなものにしたいなら、もっともっと重要な時期があるんです。

結婚式の日よりももっと重要なタイミングとは?

じゃあ、結婚の時期選びで結婚式の日より大事なのって、

入籍の日?

違うんですね〜。

それは

一緒に暮らし始める日

なんです。

生活を共にすることで運が変わる

人には持って生まれた運や星回りがありますが、これは一生固定されているわけじゃなくて、人生で出会った人から影響を受けて変化していくんですよね。

で、誰かから運気が変わるほど強い影響を受けるとしたら…と考えてみると、やっぱり一緒に暮らして毎日の生活を共にすることがなにより強力ですよね。

ものすごくダイレクトにその人からの影響を受けるわけです。

入籍して一緒に暮らし始めて何年かしてから結婚式を挙げる人たちもいますが、結婚式を挙げたからといって、何かが変わるわけじゃなかったりしますよね。

入籍も、手続きだけしてお互いに離れて暮らしているなら、大きく運気が変わるほどの影響はないかもしれないです。

そう考えると、安易に同棲するのもちょっと待った!なんですよね。

好きだから一緒にいたいよね!

今すぐにでも!

と思ったとしても、2人の幸せな将来を考えるなら、ここは慌てずにちゃんと良い時期を選んで欲しいと思います。

2人の運気のスタート時期という意味では、結婚と同じような意味になりますからね。

好きになった人と結婚するって、すごくすごく幸せなことです。

その幸せがいつまでも末長く、よりよい形で続いて欲しい。

そのためにも、一緒に住む最初の日の星回りを大事にしてみてくださいね。

じゃあ、具体的にいつならいいの?と思ったら、ご相談くださいね。

心配なことも、お友達に話しにくいのろけ話も、じっくりお聞きしますよ(^-^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加