5月19日は蠍座の満月〜もう無理だ…と思ったときからが勝負の大逆転

蠍座の満月

こんにちは。紺野です。

明後日、5月19日は蠍座で満月になります。

新月は新しく何かをスタートさせるタイミングですが、満月というのは、今までを振り返って、受け取ってきたものに感謝を捧げるとき。

引き寄せの法則を使ったり願いを叶えるときにも、この「望みを明確にすること」「感謝すること」の両方がないとうまくいかなんですよね。

深くかけがえのない絆を感じる誰かに感謝するとき

蠍座の満月は、まるで自分の一部であるかのような、切っても切り離せないほどの絆を感じる人との関係にフォーカスします。

その人の存在がいなかったら、私は今の私じゃないよね。

と感じる関係ってありますよね。

突然いなくなったら、自分の体の一部がもぎ取られてしまったような痛みを感じるだろうと思える深い縁。

例えば、恋人や大切な家族。大親友。

そういう大切な誰かが自分の人生に存在することって、当たり前じゃないんですよね。

今、そんな風に思える誰かがあなたのそばにいるなら、そのことに感謝してみましょう。

もう無理だ…と思ったときからが勝負の大逆転

蠍座は、逆境に強い星座(サイン)です。

普段はのんびり省エネ生活だったとしても、イザという時、大ピンチ!という危機的な状況が迫ってきたときには、とんでもない底力を発揮することができるんですよね。

さらに今回の満月は、月と太陽に対して冥王星がからんで来ています。

冥王星は蠍座の支配星(ルーラー)で、破壊と再生の星。

大ピンチ!じゃなくても、

なんとか今の状況を変えたい!

今までの全てをリセットしてガラッと変わってしまうくらいの変化が必要!

現状打破!

と思っているなら、そのための変容とも呼べる並々ならぬパワーを授けてくれます。

もう無理だ、これまでだ…。

と思ったときからが勝負!

心身を労わり、自分と向き合う時間にしてみる

でも、蠍座の満月は一部の繊細な人にとっては感情を揺さぶられたり、体調の変化として現れたりして、ちょっとだけ大変かもしれません。

なんかいつもと違って疲れやすいな、と思ったら、無理をせずゆっくり過ごしてみてくださいね。

蠍座は深層心理とも関連がありますので、自分と向き合う時間にしてみてもよいかもしれません。

蠍座の満月の日に身につけたいジュエリー

この日の前後、もしお手持ちの中にガーネット、オニキス、スモーキークォーツのジュエリーやアクセサリーがあったら身につけてみてください。

蠍座満月のパワーをしっかり吸収できるはずです。

もっと月のパワーを活かしてみたい。

その方法が知りたい。

来週の5月23日(木)に、女性のための異業種交流会 iris flowerの中でそんなあなたにぴったりのお話をさせていただきます。

「月を味方につけてツキを呼ぶ方法」

新月に願いごとをする習慣のある方もいますが、その他にも月の満ち欠けのリズムに合わせて、ツキを呼ぶ過ごし方があります。

ちょっと神秘的な、それでいて役に立つ月の魔法を知って、あなたの生活や仕事に活かしてみてください。

横浜(横浜市営地下鉄・中川駅)ですので、もしよかったらいらしてみてくださいね。

初めてでも気軽に参加できますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加