すごく良い時期が今すぐじゃなくて数年先だとわかるのは、実はラッキーかもしれない理由

カレンダー

 

こんにちは。紺野です。

ついこの前まで今年は残暑も厳しいな〜と思っていましたが、段々と半袖では肌寒く感じるようになってきました。

あなたのお住まいの地域はいかがですか?

 

8月の頃から1ヶ月予報を見ていたので、9月後半には涼しくなるんだなぁ〜と思っていましたが、本当にその通りになりました。

 

天気予報は未来の天気を予測するものですが、星読みは未来の運気を予測するものなんです。

天気予報のように、前もってわかっていると、その時までにいろいろ備えておくことができるんですよね。

 

あなたはこれから来る、自分の最高に運の良い時期を意識したことがありますか?

 

西洋占星術の開運法で重要なものの1つに、星回りが良くなる「運の良い時期」に行動を起こす。というものがあります。

良いタイミングで行動を起こしたことは好転しやすいですし、場合によっては10年、20年先まで良い影響が及ぶんです。

すごく良い時期が数年先というのは、実はラッキー

占いや星読みで気になるのは、一般的にはこの先の1年くらいのことが多いのかな、と思います。

セッションの中でも、毎年一年の時期読みをする「手帳セッション」が一番人気があるんですよね。

 

これからの1年というのはイメージしやすいですし、手帳を見ながら、一年の計画を立てたりしますよね。

 

でも、将来叶えたい夢があったり、長期の計画があったり、自営業の方や婚活中の方などは、一年先の運だけで知っていても、場合によっては活かしきれないこともあるんですよね。

 

特にこれから資格を取得して、それを仕事にしたいと考えている場合などは、もし来年が人生で一番ピークじゃないかというくらい運の良い時期だったとしたら、まだ資格を取っていないか、取ったばかりなのですぐに仕事を始められなかったりして、せっかくの良い時期を逃してしまうことになります。

 

これはすごくもったいないことなんですよね。

 

なので、できるだけ早いうちに、10年かそれ以上先の良い時期を知っておくと、ちゃんと準備ができるんです。

 

そして、良い時期は何か大きなことを始めるスタートに時期にするか、もしくはその時期に今まで積み重ねてきたことが実るようにもっていきます。

 

これが来年とかだと、場合によっては準備が間に合わない!ということになっちゃうんですよね。

 

婚活中の場合なども、結婚運がよい時期に結婚できるようにしばらく前から活動するようにして、もし愛情面での運が良くない時期に入っていたら、よい相手に出会えない可能性も高いですので、婚活はお休みすればいいんです。

最高の運気の時期がくるまでに、何をやっておくか?

10年先のことなんて考えられないよ、と思うかもしれませんが、例えば、7年先の最高に良い時期がくるとわかっていたら、

それまでに何をしよう?

そのときどうなっていたいだろう?

と自然に考えられるようになりますよね。

 

その7年後が来るまでに、細かい良い時期にちょこちょこ行動を起こす癖をつけておくと、さらに運がよくなっていくんですよね。

 

そうやって運を良くしながら、叶えたい未来のためにやることをやった7年後って、どんなだと思いますか?

すごく楽しみですよね。

 

なので、来年の運がもしいまいちだな、と思っても、よい時期はしばらく先だな、とわかっても、そこは一喜一憂するところじゃないのかな、と思います。

長い目で見てみると、それもあなたの幸せな人生の一部なんですよね。

 

私の長期的な時期ってどんな感じになっているの?と思ったら、星読みセッションでご相談くださいね。


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. 乙女座チャレンジ
  2. ホロスコープ
  3. ありのままで愛される
  4. 月のハードアスペクト
  5. 40代の婚活
  6. 頭の回転が早い人の悩み
PAGE TOP