西洋占星術で運を好転させる3つの方法~人生を変える星の使い方(その1)

西洋占星術で運を好転させる方法

こんにちは。紺野です。

今日のこの記事、なんとこのブログを書き始めて1000記事目なんです!

我ながらよく書いたな~!

気がつけばスタートしてからもう4年半経っています。

すぐには出来なくても、何年か続ければ達成できることもあるんですよね。

西洋占星術を使った開運法も、パッとやってすぐに結果が出る!というような即効性があるものではありません。

でも、続けているとじわじわ効いてきて、あの時のあれが、今のこの幸運に繋がってる?と思うことが増えていくんです。

お手軽ではないけれど、やっぱりこういうものが本当の開運法なんですよね。

星好きのみなさまには、星占いで安易に一喜一憂するのではなく、地に足がついた星の使い方をして欲しいなと思います。

じゃあ、それって具体的にどういうことなの?

生まれた時の星回りを観て自分を知る

生まれた時の星のチャート(出生図)を観て自分を知る。

これはまず最初にやりたいことです。

自分のことがわからなければ、じゃあ何をどうしていったらいいの?というところの方向性も定まりませんよね。

自分のことなんて、もう何十年も自分やってるからわかってるよ。

と思うかもしれませんが、例えば自分の姿も鏡を見ないと見えない部分があるように、星を観て発見したり、改めて納得することも少なくないんです。

長所や伸びしろを知って、活かす。

陥りがちなウィークポイントを知って、備える。注意する。

これだけでも何かを判断・選択する上での指針になっていきます。

世の中には成功法則や、人生をうまくいくようにするために、こうするといいよ!という方法がたくさんあり、中には普遍的なこともありますが、誰にでも当てはまることばかりじゃないんです。

例えば、突然の閃きがあった時に、すぐに行動を起こしたほうが幸運に繋がりやすい人もいれば、慎重になったほうが良い人もいるんです。

じゃあ、自分はどうなの?というところを知っておくことが大事。

蕎麦にはルチンが含まれているから、血液がサラサラになって体に良い。

なので積極的に食べましょう!

ということだとしても、蕎麦アレルギーがあるならそういうわけにはいきませんよね。

みんな体質が違うので、同じ食べ物でも合う人と合わない人がいます。

そんな感じで、自分はどうなの?というところを確認していき、自分にとってうまくいく方法を実践していきます。

ということで、明日は「西洋占星術で運を好転させる3つの方法」2つ目の「時期を活かす」についてお伝えしますね。

では、良い週末をお過ごしくださいね〜!