好運日、注意日、お仕事強運日とは?~開運手帳で幸運のスパイラルに乗る方法

開運手帳セッション

こんにちは。紺野です。

フリーランスで仕事をされている女性に毎年大人気の開運手帳セッションですが、今年もすでにご予約をいただいております。

早い方だと9月にはもう来年のことが視野に入ってくるんですよね。

手帳の販売も年々早まっていて、9月のものも増えていますよね。

やっぱり、運の良い方は仕事でも日常でもささっと早め対応されます。

私は実はなかなかこれが出来なくて、あ~なんか期限ギリギリ!みたいになってから行動することもあったんですよね。

でも、このままではダメだ!と思い、まず手帳を早い時期に購入することから始めてみました。

こういうことは一事が万事なので、ひとつ早め対応が出来ると、他のこともちょっと早めでやってみようかな?となります。

運をつかむためには、タイミングが大事。

今だ!と思ったときにささっと動けるようにするための、早め対応なんですよね。

星のことを言えば、運が良くなるためには、運の良い日に行動する。

これは何度もお伝えしていますが、星を活かして開運していくための外せない基本です。

そこで話が戻りますが、手帳セッションはフリーランスの女性にとても人気があるんです。

なぜなら、一年のうちで自分にとっての「運の良い日」を知ることで、ご自身のお仕事計画に活かせるからなんですよね。

一年の運勢は、3種類の星の時期読みのテクニックを使って読んでいくのですが、その中で手帳に実際に書き込んでいただくのは、好運日、注意日、お仕事強運日の3つの日。

<好運日>

今の現状を変えるために行動したり、新たなスタートを切ることで、この先の発展が期待できたり、物事が好転する日。

<注意日>

判断ミスをしやすく、人からのアドバイスも間違いがある可能性があり、後々の失敗につながる恐れがある日。

<お仕事強運日>

仕事探しや、宣伝・広告、開業に適していて、お客様へのアプローチも成功しやすい日。

それぞれ年に8回~10回くらいあるのですが、好運日やお仕事強運日に予定を入れて、注意日は大事な予定は入れないようにしていきます。

そうすると、運の良い日にしたことが一種の開運行動になるんですよね。

「営業すごく苦手なんですけど、せっかくの好運日だから行動しないと!と思っているうちに、動けるようになりました!」

「星を観ていただいてから、段々といい感じに回ってきているんですよ~!また来年もお願いしますね。」

と嬉しいお声もいただいています。

来年はあなたも、好運のスパイラルをぐるぐる回してみませんか?

2020年のあなたの「やりたい」をどんどん叶えてみてくださいね。

「2020年あなただけのワクワク開運手帳が完成~プライベートセッション」