子供の頃から信じてきたことが覆された!〜遅延型フードアレルギー検査その後

遅延型アレルギー

こんにちは。紺野です。

なんか原因不明の不調がある。

疲れやすいし、肌にも何かしら症状が出やすいし。

そんなに不摂生な生活をしているわけでもないのにどうして?

そういう体質ってこと?

あなたはこんな風に思うことがありますか?

私も実は割と敏感な体質ではありますし、家族もアレルギー体質だったりします。

花粉症や突然出てくる謎の肌荒れなど、いろいろ生活に気をつけたりしても一向に良くなる気配がなかったんですよね。

こういう悩みは、同じような経験をしたことがある人にしかなかなかわからないものですが、寝込むわけでも命の危険があるわけでなくても、やっかいなものなんです。

で、どうして良いかわからず、いろいろ調べたところ、こちらの記事にもありますが、遅延型アレルギーの検査を受けてみようかと思い立ちました。

花粉症は毎年症状が出ていましたが、食べもののアレルギーに関してはアレルゲンとなる食材を食べてすぐに症状が出る即時型アレルギーはなかったので、まさか自分が食べ物にアレルギーがあるとは思っていませんでした。

もともと、食べ物の好き嫌いは子供の頃からほとんどなかったので、いわゆる体に良くないと言われる食べ物でなければ、なんでも満遍なく食べるのが健康に良いことなのだと心底信じていたんですよね。

その信念が、この遅延型アレルギーの検査で、思いっきり覆されました。

まず、毎日紅茶に入れていた牛乳がダメ。

卵がダメ。

穀物と豆類のいくつかがダメ。

ナッツはアーモンドだけダメだったのですが、これはもしかして牛乳の代わりにアーモンドミルクをしばらく飲んでたせい?

など、他にもいろいろ出ていたわけですが、まさかこういう食材のせいで不調が出ているなんて想像もしていなかったんですよね。

本当にびっくりです。

そこで問題になってくるのは、本当にこれらの食材を摂らなければ、症状が改善するのか?ということですよね。

即時型のアレルギーは食べたらすぐに割と激しい反応が出てしまうので、食べない方がよいのはすごくわかりやすいのですが、なにしろこの遅延型のアレルギーは、食べてからしばらく時間が経たないと症状が出ないし、その症状もなんとなく不調だな、というものが多いんです。

時間をかけて様子を見ていくしかないんですよね。

そろそろ検査結果が届いて1ヶ月になるのですが、実際にアレルゲンになる食材を除去してみてどうだったかというと?

・しばらくの間、夜になると出ていた慢性蕁麻疹がほぼ出なくなってきた。

・集中力が増して、意識が今までよりもクリアーになった感じがする。

・以前より疲れにくくなってきた気がする。

・肌荒れも改善してきたかもしれない(除去によって改善されたのかどうかわかりにくい)

といった感じ。

本当にこれが原因で改善されたのか、まだわかりにくいものもあるのですが、私としてはやってよかったな、と思っています。

3ヶ月〜半年くらいは続けないと、本当のところはわからないかもしれませんが、ここからさらにどうなっていくか?ちょっと楽しみです。