悲観、心配、ネガティブもほどほどあると良いって本当?

楽観と悲観のバランス

 

こんにちは。紺野です。

 

台風19号、お住いの地域は大丈夫でしたでしょうか。

雨が止んでも、まだまだ危険がありますので、お出かけの際は十分にご注意くださいね。

被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

1日も早く普段の日常が戻りますように。

 

一昨日くらいから家族に連絡をして、災害対策を話し合ったり安否を確認をしたりしていたのですが、こういうときはそれぞれの性格が出ますよね~。

父と妹は心配して備えをしようとするのですが、なんだか母は呑気なんですよね。

父が心配して騒ぐし準備してくれるので、任せておけばいいや~。という感じなんでしょうね。

 

うちの夫も割と呑気なほうで、買い出しなど私が出来ることは一人でやって、車にガソリンを入れたり、窓にテープ貼ったりを手伝ってもらいました。

 

災害対策にかかわらずですが、人生で起こることに対して、悲観的に考えすぎるのはあまり良くないことですよね。

なんとかなるさ!と思って、前向きに行動したほうが良い結果が得られるというものです。

 

でも、あまりに楽観的すぎるのもちょっと怖いんですよね。

危険なことに対しても、まあ、なんとかなるでしょ!で飛び込んでしまうと、場合によっては大変な惨事になってしまうかもしれません。

 

どんなこともコインの裏表で、良い面も悪い面もあります。

大事なのはバランス、なんですよね。

 

私って、どうしてもっとポジティブに考えられないで心配ばっかりしちゃうんだろう?と思うなら、そういう自分を責めてしまう前に、両面を見てみてください。

 

ポジティブな考えとネガティブな考え。

楽観と悲観。

 

普段、悲観的に考えるのって良くないよ、心配しすぎても仕方ないよ。と思っていると、悲観することの良い面なんて見えないと思いますが、あるんですよね。良い面。

 

悲観して心配することで、物事に対して慎重になれます。

心配なので、前もって準備をしますし、先のことを考えて行動できますよね。

 

ある方と仕事の打ち合わせをしていたとき、お店の予約をその場で調べてぱぱっとされるんです。

わぁ!さすが、素早い!できる人は違う!と思って聞いてみると、

「私、心配性だからすぐやらないとダメなの〜!心配で。」

とおっしゃるんです。

 

心配性で不安になってしまうからこそ、仕事が早いし確実になるんです。

 

行き当たりばったりでうまくいくこともありますが、いつもそうとは限りません。

前もって早めに準備しておいたほうが、うまくいく確率は高くなりますよね。

 

もちろん、心配性で悲観的すぎて、何も手につかない!となってしまうと後で困ることになってしまうかもしれません。

でも、前向きに考えながらも、ちょっと心配や悲観があると、案外いい感じ。

 

悲観、心配、ネガティブがちょっとくらい自分の中にあってもOK!なんだな、と思ってみてくださいね。

気持ちがちょっと楽になれると思いますよ。


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. 家族のカルマを癒す
  2. パズルのピース
  3. プライベートも充実させる予定の立て方
  4. アーティストがスランプを脱する方法
  5. 今年をより良い年にするための3つの質問
  6. うまくいかないとき
PAGE TOP