幸運体質を育てる場所としての「住まい」を整えるということ

幸運体質を育てる場所としての「住まい」を整える

 

こんにちは。紺野です。

今の住まいに引越しをしてからもうすぐ1年になるのですが、年末までにあともう少し使いやすく整えたいと思っています。

 

最近、冷蔵庫を今までより一回り大きなものに買い換えたんです。

今までは2ドアだったのですが、うちは夫婦2人なのでそれなりに十分かな、と思っていました。

 

でも、実際に使ってみると、お鍋も2つ入れてもまだ余裕!かさばる野菜の買い置きもすっきり入る!

しかも、今時の冷蔵庫ってうまくできていて、食材の持ちが全然違うんですよね~。

 

ついでにキッチンの棚も買い足して調理スペースが広がり、料理も楽しくなってきました。

 

主婦のみなさまは、そんなの普通よ~!と思われるでしょうけど、住まいをちょこっと変えてみただけで大きな変化というのはあるものですよね。

案外、使いにくいまま慣れちゃっているのもあったりして。

 

でも、普段私たちはそういうちょっとした使いやすさや作業視しやすさ、物の管理のしやすさから、思った以上に精神的な影響を受けているんです。

住まいからポジティブな影響を受ければ運気も良くなる

以前に、運が良くなる住まいってどんなだろう?と思って、風水の考えを取り入れたことがありました。

本当に趣味の範囲というか、本格的なものではなかったのですが、それなりに効果を実感しましたんですよね。

風水グッズはそんなに興味がなかったのですが、朝日を取り入れて、西日を部屋に入れないようにしたり、マメに掃除をしたり、ベッドの位置やベッドカバーのデザインを変えたりとか。

 

やってみると、なかなか心地よい。

風水は住居の気の流れを整える方法なわけですから、住み心地よくならないとおかしいわけです。

 

住まいの状態は心の表れなどと言います。

住まいが良い気に満たされてポジティブな影響を受けることが出来れば、当然ながら運気も良くなるんですよね。

 

ここでまた先ほどの話に戻りますが、使いやすさはやっぱり大事

清潔クリーンにしておくことは住まいの気の流れを整える基本として、あとは自分がやりたいことや、生活上の動きを最適にしてくれる導線が出来ているかどうか。

 

やっぱりね、作業しにくかったり、使いたいものがさっと見つからないとイラッとするじゃないですか。

それがスルスル~!サクサク~♪と進むことのストレスのなさ。

 

これが日々の心のあり方に影響がないわけがないんですよね。

 

ということでキッチンが整った今、引っ越しして以来クローゼットに放置していた開かずの箱と本棚の書類に取り掛かっています。

最初は腰が重かったのですが、片付けが進むごとに、なんだか良いことがありそうな予感♪

 

そんなの出来ない、めんどくさーいと思っていた他のことも、もしかして出来るかも?と意識が変わりつつあるのを実感しています。

 

ここまで読み進めてくださったあなたの脳裏にはきっと

「うちの場合はここだな~。」

と思うエリアが思い浮かんでいることでしょう。

 

次のお休みのときなどにササっと片付けて、幸運体質を育ててみてくださいね。


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. 何もしない時間
  2. ツイてる私になる秘訣
  3. 睡眠
  4. 西洋占星術で運を好転させる方法
PAGE TOP