察してちゃんからの卒業〜イライラせずに自分の望みをわかってもらうために

うーちゃん

こんにちは。紺野です。

最近、私がおやつを食べていると、うちの猫のうーちゃんが、じーっと視線を送ってきます。

もうガン見してきます。

「自分だけ食べてるの?私のはないの?」と目で訴えてくる。

まあ、だいたい視線に負けておやつあげちゃいます。

遊んで欲しいときも、じーっと見てきますが、もうちょっとわかりやすくアピールしてくることもあるんですよね。

おもちゃ持ってうろうろしたりとか。

まあ、猫ですから、言葉が話せるわけではないので、人間が意を汲み取ってあげるしかないんです。

うちの夫はうーちゃんにメロメロで、いいように使われている感じもしますが(笑

なぜ彼らは察してくれないのか?

動物はともかく人間同士でも、ありますよね。

ご主人や彼との間で、そういうことないですか?

さすがにガン見はないかもしれませんが、言葉に出さなくてもわかってよ!そんなことくらい察してよ!とつい思ってしまうこと。

特に女性側に多いようですが、これがなかなかやっかいです。

というのも、この、それとなく察するというのは女性が得意なことです。

女性同士だと、お互いなんとなく察知して気を回すことができるので、全部言葉で言わなくてもコミュニケーションが成り立つんですよね。

ところが、男性はちゃんと言葉で言われないと、何を考えているのか全然わからない。ということが多々あるんです。

超能力者じゃないんだから、考えを読み取るとか無理だし、ということなんですよね。

察してちゃんからの卒業

でも、こちらの望みを先方が気づくまで待ち続けるのって、イライラしますよね〜。

なんでわかってくれないの!って。

だったら、待つよりはっきり伝えちゃった方が楽というものです。

「〇〇してくれたら嬉しいな〜!助かるな〜!」

ご主人や彼があなたの望んでいることに気づかないのは、愛情が薄いからではないんですよね。

そもそも、そういうコミュニケーションの仕方が得意じゃないというだけなんです。

そんな時にこちらから歩み寄ってみたら、うまくいくことはたくさんあります。

ちなみに、うーちゃんは朝ゴハンが欲しいときは、私の手を舐めたり軽くかじったりしてアピールしてきます。

最近は、お腹空いた時は私で、遊んで欲しいときは夫、という感じで使い分けているようです。