波動を上げる感謝の法則〜初級編

波動を上げる感謝の法則〜初級編

 

こんにちは。紺野です。

 

さてさて、昨日のブログ記事「波動を上げるってどうやるの?~調和的な現実を創り出すために」で、

日常で経験できる高い波動の状態を言葉にすると、それは愛と感謝なんだよ。

とお伝えしました。

 

そして、波動を高めるために、

「このことに対して、感謝できることはなんだろう?」という問いかけをしてみてください。

とお伝えしました。

 

そして、感謝には「初級編、中級編、上級編」の3つのレベルがあるんだよ。

ということでしたね。

 

そこで、今日はその初級編について詳しくお伝えしていきます。

波動を上げる感謝の法則(初級編)

最初の入り口。初級編。

まずはここから始めてみましょう。

 

今までに超嬉しかったこと、助かったこと、あれがあったからこそ今の自分がある!と思えるようなありがたいと思うこと。

 

思い出してみると、いろいろありますよね。

それを思い出して感謝してみましょう。

 

誰かが自分のために何かしてくれて、嬉しいな~と思ったこと。

恵まれていて、すごくラッキー!と思ったこと。

 

そういうことは、

「感謝できることはなんだろう?」

と問いかけてみたときに、答えがすぐ思い付きます。

なので、これは初級編なんです。

 

今現状として、すごく落ち込んでいたり、嫌なこと、困ったことがあったばかりだと、感謝するようなことなんてすぐに思いつかないかもしれません。

波動が下がりすぎなときは、感謝や愛などの高い波動の状態になりにくいんですよね。

 

でも、過去にさかのぼってみると、どうでしょう?

何か思い出しませんか?

 

思い出したことに対して、心の中で改めて感謝してみてくださいね。

低い波動は決して悪いものではない理由

ちなみに、波動が高い状態だから凄いとか偉いとかいうことではありません。

高いのが良くて低いのが悪い、ということでもありません。

 

それは、キメが荒いか細かいか、という違いなんですよね。

 

キメが荒い波動=低い波動

キメが細かい波動=高い波動

 

なのですが、つい、高いのが優れていて低いのが劣っているってこと?と思いそうになりますよね。

 

でも、魂の視点からすると、低い波動の経験は、すごくエキサイティングというか、面白いんですよね。

意外に思うかもしれませんが、私たちの魂はあえてそういう低い波動を経験して、うまくいかない困難に満ちた人生経験したい!と思って生まれてきたいたりするんです。

この話をすると長くなってしまうので、またの機会にお話したいと思いますが、そういう意味で低い波動は悪いものではないんです。

 

ただ、もうそろそろ困難とか、辛い現実とかそういうのやめたいよね、と思う場合は、じゃあ、今までとは波動を変えてもっと高い波動の経験をしましょうかね。ということになります。

 

ということで、明日は中級編に行ってみたいと思います!

ではでは〜!


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. バレリーナ
  2. 幸運体質を育てる場所としての「住まい」を整える
  3. 誰にでも与えられている、完全に自由なこととは?
  4. 黄色いバラ
  5. 幸運体質
  6. それは本当に自分にとっての幸せなのか
PAGE TOP