起業したいけど、資格をたくさん持っていてどれを仕事にしていいのかわからない

資格コレクター

こんにちは。紺野です。

桜、いい感じに咲いてきましたね〜!

綺麗ですね〜!

昨年、桜を眺めながら願ったことが、年内に叶いそうな流れになっています。

わーい!わーい!

ところで、これから起業しようとしていたり、起業して間もない方から時々うかがう悩みに「やりたいことがたくさんあって1つに絞れない」というのがあります。

特に好きなことを仕事にしたい女性に多いんですよね。

お話をよく聞いてみると、資格をいくつか持っていらして、それぞれちょっとづつ違った方向性なのです。

フラワーアレンジメントとアロマセラピーと着付けとネイルと…

確かに、全部やるのはなかなか無理そうですよね。

まずは1つか2つに絞ってみる

やりたいことが複数あるとき、同時に全ての立ち上げをしようなどとは思わないほうがよいと思います。

当然のことながら、力が分散してしまってうまくいきません。

まずはメインで本当にやりたいこと、もしくは既に仕事が入ってきつつあるもの(すぐに仕事になる可能性が高いもの)を軸にして、基盤ができたら次の展開として他のものを取り入れてみるというやり方もあります。

一度決めたら一生同じ仕事をしなくてはいけない、というわけではありませんので、まずはコレ!というものを決めてみてください。

※ただし、西洋占星術で見てよい時期にはじめた仕事は途中で手放さないほうが良い場合があります。そういう意味でも、何をいつスタートさせるかはとても重要です。

組み合わせて独自のサービスや売りにする方法

ネイルで起業

例えば、ネイルの先生が美味しいパンの焼き方を教えるスキルを持っていたとしても、同じサロンやお店の中で活かしていくのはなかなか難しいように思います。

でも、ネイルの先生が占いもできて「開運ネイル」も出来たりしたら、面白いサービスになりそうですし、ファンもつきそうな気がしますよね。

自分が持っているスキルの中で、組み合わせてより独自のものにできないか考えてみると、新しい活かし方が見えてくるのではないでしょうか。

ここで、間違っても、「寿司屋でカレーのメニューがあるようなサービス」にならないように気をつけてくださいね。

資格コレクターではダメなのか?

こんな話をしている私も、実はいろんな資格を取得していた時期がありました。

主にヒーリングやセラピーなどの癒し系のスキルです。

最初は、何が一番自分に向いているのかわからなかったので、いろいろ学んでいく中で本当にやりたいことが見えてくるだろう。と思っていたのです。

好きなことを学ぶことは楽しいことですし、学べばそれだけ自分の知識やスキルが豊かになります。

起業してからもずっと自分のスキルアップのために勉強は続けていたのですが、あるときふと、気がついたんですよね。

学んでも学んでも、まだまだ足りない…と思っている。

始めて間もなくだったので経験不足だったのはあるのですが、いつまでたっても自分がまだまだな気がして、その不足を埋めるかのように学んでいたのです。

その中にはせっかく学んだのにほとんど生かせていない資格もたくさんあります。

いろんな資格をたくさん持っているからといって、専門性が高まるわけではないですし、仕事上の経験値が増えるわけでもないんですよね。

ある意味、一生勉強だと思いますし、人生に無駄なことはない…と考えるとそれも間違いではありません。

でも、あなたの時間とお金は貴重なもので、何に投資するかによってこの先が変わってくるのですから、実は無駄なことになっていないか客観的に見直しする必要があるかもしれません。

まとめ

「余計なものを削ぎ落とすことで濃くなれる」ってことは往々にしてあります。

濃くなるというのは、別の言い方をすると「本質に近づける」ということです。

本質に近いもののほうが求心力があって、惹き付ける力があるんですよね。

自分には何かが足りないような気がしてしまうと、もっともっと何かを取り入れなきゃ!と思いがちですが、逆の場合もあります。

削ぎ落としてシンプルにしていった中に、本当に自分がやりたかったこと、働き方が見えてきたりします。

ということで、なにを仕事にしたいかわかならくなってしまったら、

  • 1つか2つに絞るとしたらどれにするか?
  • 組み合わせて新しいものに出来ないか?
  • なぜいろんな資格が欲しいと思うのか?

まずは自分の心と向き合って整理整頓をしてみてくださいね。