その「怠さ」を取り除く方法〜夏の疲れをすっきり解消して、充実の秋へ♪

質の良い睡眠

こんにちは。紺野です。

9月半ばになりましたが、体調など、いかがですか?

涼しくなってくると、体もホッとするわけですが、こういう時は溜まっていた疲れも出やすいんですよね~。

幸運体質になるには、やはり心が健やかであることが大事なわけですが、体の疲れが抜けないでいると、なかなか良い考えも浮かばないんですよね。

爽やかな疲労なら良いかもしれませんが、体がどんより重たくなっているときに、あ~幸せだなって自然に思えるかといえば、無理無理!

なので、健康管理に縁の深い乙女座に太陽があるこの時期、体をちゃんとケアしてあげて、自分を大事にしてあげましょうね。

自律神経の疲労を取り除くには、やっぱりこれ!

夏の疲れがなかなか抜けない原因は、自律神経の疲労のせいなんです。

今年は特に猛暑だったので、体温調節のために、自律神経がフル稼働!

そして、だる~い!

いわゆる「夏バテ」の症状が出てきます。

その自律神経の疲れを取るにはどうしたらいいの?といったら、大事なのはやっぱり「睡眠」なんですよね。

いかに質の良い睡眠を取るか?

そのための3つの方法についてまとめてみました。

心が安らいでスッと眠れる呼吸法

なかなか寝付けないとき、なんとなく日中の緊張や心配事から解放されていないような感じがあるときは、呼吸が浅くなっていることが多いんですよね。

なので、呼吸をリラックスさせることで、脳と身体が休まり、眠れるようになります。

ご紹介するのは、アンドリュー・ワイル医学博士が提唱されている「くつろぐ呼吸法」です。

やり方はとても簡単。

1)まず、口を閉じて、鼻から4秒間息を吸います。

2)次に、そのまま吸い込んだ息を7秒間止めます。

3)最後に、ゆっくりと口から8秒間かけて息を吐きます。

この1セットを4回繰り返します。

眠る前、ベッドに横になってからやってみると、リラックスして、いつのまにかすーっと眠りにつけます。

足裏マッサージ

リフレクソロジーや足つぼのような足裏マッサージを、ご自身のケアに取り入れている方、やったことある方はたくさんいらっしゃると思いますが、改めておすすめしちゃいます。

足裏マッサージもまた自律神経のバランスを整えてリラックスさせる効果が高いので、眠りがぐんと深くなります。

実は私、一番最初に開業したときにやっていたのが、このリフレクソロジー(とクリスタルヒーリング)のサロンでしたので、足裏に関してはちょっとだけこだわりがあるんですよね。

技術的なことについて語り出すと、長くなってしまうので、ざっくりお伝えしますと…。

毎日、ちょっと痛気持ち良いくらいの刺激でまんべんなく施術するのが効果的です。

押すとゴリゴリしたり痛く感じる部分が少なくなるようにほぐしていくと、全身がすっきりしていきます。

午前中と寝る前の光の取り入れ方

その他、深い眠りのために気をつけたいことは、光に関することです。

●朝、午前中に少しでも太陽の光にあたること(曇っていても大丈夫です)。

●夜寝る少し前(30分~1時間前)から部屋をちょっと暗めにして、スマホやパソコンは見ないようにする。

●中には真っ暗だと不安で眠れない方もいらっしゃるかもしれませんが、寝るときは出来るだけ部屋を暗くする。

これは、ある意味自然の状態に近づける、ということですよね。

日中暗い中にいて、夜は電気が煌々としているというのは、自然のリズムに合っていないんですよね。

ということで、「質の良い睡眠をとって疲労を回復する方法」についてお伝えしてみました。

忙しくてゆっくり寝る暇がない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、いろいろ工夫しながら睡眠の質を高めて、お疲れをすっきり解消してみてくださいね!