ミモザの花のパワーとは?サロンの看板は「幸せの黄色いミモザ」でお迎えします!

ミモザの花の意味

こんにちは。紺野です。

もうすぐ2月になりますが、この頃になると毎年春が待ち遠しいなぁと思います。

春の訪れを告げるの花といえば、桜もそうなんですけど、やっぱりミモザ

ということで、ミモザのリースをサロンの看板にしてみました。

可愛らしいイエローに、気分がぱっと明るくなりますよね。

ミモザの花には、ただ黄色くて可愛いからというだけではなく、本当に気分を明るくするようなパワーがあります。

フラワーエッセンスにもあるんですよね。ミモザ。

ミモザ

オーストラリアン・ブッシュエッセンスの「サンシャイン・ワトル」がミモザに近い品種。

このエッセンスを摂ると、過去の困難な経験からなかなか立ち直れないような人が、過去を手放し、人生の喜びを楽観的な気持ちで味わい、エンジョイすることが出来るようになるんです。

明るい気持ちで「今」を楽しみ、「未来」に希望を持てるって、それだけでも素敵なことですよね。

そして、ご存知の方も多いかもしれませんが、「ミモザの日」というのがあります。

国際女性デー(3月8日)です。

ヨーロッパの特にイタリアでは、愛と幸福を呼ぶミモザの花を、男性から女性に贈る習慣があるそうです。

いいなぁ〜!

日本でも流行ればいいのにと思います。

こんな可愛いお花を贈られたら、幸福感でいっぱいになっちゃいそうですよね。

母の日にお花を贈られるのも嬉しいものですが、男性から女性にお花を贈る日っていうのも、あってもいいんじゃないかなぁ。

それはいいとして。

サロンのドアの看板は「幸せの黄色いミモザ」でお迎えしますね!

「今」をめいっぱい楽しみ「未来」にわくわく出来るような、幸せな女性が増えたらいいな、と心から願っています。