人から羨ましがられるようになる覚悟はありますか?〜幸せになることを阻む心理

幸運体質になるには

こんにちは。紺野です。

全国的に猛暑になってますね〜。

時間ができたら自然の中を散策したいな、なんて思っていたのですが、

やっぱり涼しくなってからでいいかなぁ。

出かけるとしても、クーラーがある場所がいいな〜♪

と、つい思ってしまいます。

あなたはどんな夏をお過ごしですか?

メルマガやブログで、幸運体質になるにはどうしたらいいか?ということについて日々発信しているのですが、

人生が思うようにいかない。

なかなか望むようなことにならない。

失敗してばかり。

幸せそうな人が羨ましいわ~!

と思っている人には心理的なブロックがあるよね、と思うんです。

幸せを手に入れることを無意識に抑えてしまっているんですよね。

幸せになることを阻む心理

そのブロックの1つは、

「人からの嫉妬が怖い」

という心理。

恵まれている人って、羨ましがられるんです。

自分が手に入れていないものを持っている人を見ると、いいないいな~!と思ったりしますよね。

素敵ね~!

羨ましいわ~!

と言われるくらいならいいですけど、

自分より恵まれていて目立つ人を見ると、足を引っ張ってきたり、意地悪をする人もいるんですよね。

悪口を言ってみたりとかね。

もともとある程度気が強かったり、自分が欲しいものを手に入れるのは当然、と思うようなセルフイメージがある人ならこういうものも跳ね返せるのですが、ちょっと繊細だったり、気持ちが弱っていたりすると、その嫉妬がとても重く感じちゃう。

なので、そんな辛い思いをするくらいなら、大人しく目立たないようにしておいたほうが無難だよね。

という感覚になったりします。

人の発する「気」に敏感な、繊細なタイプの人などは、何も言われなくても誰かが発してる嫉妬の不穏なエネルギー、念のようなものを察知して疲れてしまうこともあります。

その心理が働くと、無意識に自分の能力や才能を抑えてしまったり、服装やメイクも目立たない地味なものを好んだり、チャンスが来ても自分にはふさわしくないように思って避けてしまったりするんです。

そのほうが安全だし、面倒なことも減るから楽なんですよね。

幸せになる覚悟を決める

じゃあ、そのままでいいのか?というとそうじゃない。

本来の自分を抑えて、本来手に入るはずの幸せを受け取らないようにしているわけですから、不満がたまってしまいます。

こんなはずじゃないのに、という思いでモヤモヤしてしまいます。

じゃあ、どうしたらいいの?

ということですが、

それはやっぱり、本来の幸せを絶対手に入れる!と自分で決めることがまず最初。

幸せになるにもちょっとした覚悟がいるんです。

自分が望むものを手に入れたら、それを持っていない人からは嫉妬されるかもしれない。

でも、その先にはそれを上回るほどの素晴らしい経験が待っているかもしれないですよね。

あなたが望みを叶えて幸せな様子を見て、一緒に喜んでくれる人もたくさんいるんじゃないかと思います。

もしかして、私はこれかも?と思っても、がっかりしなくて大丈夫。

一歩前進です!

うまくいかない原因がわかったなら、変えていくことが出来ますよね。

さあ、幸せになる覚悟は決まりましたか?