『西の魔女が死んだ』を観て感化され、マートル酒を作ってみました

マートル(ギンバイカ)

こんにちは。紺野です。

先日、映画『西の魔女が死んだ』を観ました。

2008年に製作された日本映画なのですが、いつか観ようと思いながら今になってしまいました。

登校拒否になった女の子が、イギリス人の祖母と2人で過ごすひと夏のお話。

このおばあちゃんが「西の魔女」と呼ばれているのですが、苺を摘んでジャムを作ったり、咲いているラベンダーの上にシーツを干して香りをつけたりと、ハーブ好きな人が、こんな暮らししてみたいなぁと思うようなシーンが度々出てきます。

 

映画に感化されて、ハーブや野菜を摘んで何か作ったりしたいなぁ。と思っていると、早速そんな機会が。

実家の庭にマートル(銀梅花)が植わっているのですが、よく見ると枝に黒っぽい実がたくさんついていました。(※映画にマートルは出てきません)

 

マートルはアロマセラピーで使う精油にもありますよね。

スーッと爽やかな、ほのかに甘みのある香りです。

 

精油はマートルの葉から抽出されるのですが、花も実も使えるハーブ。

花は結婚式の飾りやブーケに使われ「祝いの木」ともいわれます。

マートルの花

ちなみに、西洋占星術だと愛と美の女神ビーナスゆかりの植物として金星を支配星としたり、水星を支配星とする場合があるようです。

 

実家のマートルの木は、広がっている枝を切ることになっていて実は使わないというので、摘んできました。

マートルの実は、お酒に漬けると赤ワインのような色の果実酒になるのですが、イタリアではミルト(リキュール)と呼ばれて親しまれているらしいです。

消化を助ける働きがあり、食後酒として飲まれるのだとか。

マートルの実

これで400gくらいあります。

黒っぽい赤紫色の実。

早速ホワイトリカーで漬けてみました。

マートル酒

この写真で見ると、なにやら黒い物体が浮いていて怖いですが…これから段々色がついてくるはず。

完成が楽しみです。


無料メールマガジン
▲▲▲

限定特典!幸運体質になるための秘訣を

50音順にリストにした無料PDF

「運がよくなる あいうえお」

をプレゼント中!


関連記事

  1. パワーストーンのブレスレット
  2. パン教室
  3. 運気アップ
  4. 風邪で強制的に「肌荒れが治る」を引き寄せた?
  5. 黄色いバラ
PAGE TOP