幸運体質になる99の方法:その10「質のよい睡眠をとる」

睡眠

こんにちは。紺野です。

「幸運体質になる99の方法」ということで、詳しい趣旨はこちらの記事です。

幸せになれる体質改善!その10は、

「質のよい睡眠をとる」

スッキリ目覚めるためにも質の良い睡眠が大切です。

いわゆる「運」は寝ている間に取り込まれると言われています。

普段、起きている時間に何をするかに意識がいきがちですが、幸運を呼び込むには、いかに寝るかも大事です。

そのために心がけたいことは、

1)寝る前に風呂に入って一日の疲れ、邪気を落とす。

2)寝具は肌触りのよい、なるべく天然素材のものにして、シーツやカバー類はこまめに洗う。

3)部屋着で寝るのではなく、パジャマ的な寝る時専用ものに着替える。パジャマは毎日洗う。

4)寝室を快適に整える。

では、1つづつ解説しますね。

1)寝る前に風呂に入って一日の疲れ、邪気を落とす。

面倒だからといって、朝シャワーだけで済ませるのではなく、寝る前に風呂に入りましょう。

一日の溜まった疲れを次の日まで持ち越さないことが大切です。

重層や塩を入れて湯船につかるのがおすすめです。

2)寝具は肌触りのよい、なるべく天然素材のものにして、シーツやカバー類はこまめに洗う。

寝ちゃうんだから、肌触りとか関係ないでしょ。と思うとそうでもないのです。

無意識に影響を受けています。

本当はシーツ類も毎日洗った方がよりよいみたいですが、出来る範囲で快適・清潔を心がけてみてください。

3)部屋着で寝るのではなく、パジャマ的な寝る時専用ものに着替える。パジャマは毎日洗う。

毎日洗う、というのは、やはり前の日の邪気を持ち越さないためです。

夜に自分が出した汗だけでなく、感情や思いなどのエネルギーも、ものすごーーーく吸い込んでいます。

使い古したカットソーとかをパジャマにするのはおすすめできないです。

4)寝室を快適に整える。

これも、目をつぶっていて見えないから関係ないでしょ。と思うかもしれませんが。

散らかっている部屋で寝るのと、綺麗な部屋で寝るのでは、受ける影響が明らかに違います。

家具の配置やインテリアなども、快適になるように工夫してみてくださいね。

家族しか入らない部屋だからといって、物置みたくしてしまうのはNGです。

運気をあげる云々だけでなく、これらのことをやってみると、朝起きた時の疲れの取れ方がちがうのがわかると思います。

ちなみに、安眠に良いと言われている石はアメジストです。

アメジスト

ハーキマークォーツ翡翠は興味深い夢が見れるかも?

毎日の快適な睡眠で、幸運を育ててみてくださいね(^-^)

では、また次回もお楽しみに♪