子猫のうーちゃんが来てから一週間が経ちました

子猫のうーちゃん

こんにちは。紺野です。

うちにベンガルの子猫のうーちゃんが来てから一週間。

夫と2人でその可愛さにメロメロになっています。

なんで「うーちゃん」かというと、夫いわく、

うずらの卵みたいだから「うずらちゃん」なんだそうです。

私「猫にうずらって…(^-^;)

と思ったんですけど、

夫「うずらって響きがなんか可愛いから」

と理由が感覚的でなんとも女子っぽい(笑

うずら柄というより、ヒョウ柄だと思うんだけどな。

まあいいいか。

思えば、夫と初めて会った日に、「猫と一緒に暮らしたいですね〜!」と話していたんですよね。

その日から、3年と半年で叶いました!

最初は猫が飼えないマンション暮らしだったので、まず引越しをする必要があったんです。

私は子供の頃は、わんちゃん、インコ、文鳥、にわとりなどのお世話を毎日していたり、大人になってからはフェレットと暮らしていたこともありました。

でも、自分がお世話しているつもりでも、動物たちから教えてもらうことのほうがずっと大きかったな。と思います。

なので、たぶんこれからのうーちゃんとの暮らしでもきっとそうなるでしょう。

ベンガル子猫

慣れない場所に始めて来て、ちょっとした物音でびびったりしていましたが、次の日にはもうこんなことに。

一緒にipad見ながらゆるみまくり(笑

足元ですやすや眠る姿は、生まれて半年でまだちっちゃいのに、私にとってはすごい存在感です。

気がつけば、夫と2人でうーちゃんのために何がしてあげられるだろう?って考えています。

うーちゃん

元気いっぱいに遊んで、食いしん坊で、気持ちよさそうに眠るうーちゃん。

今はうちに来てくれてありがとう!という気持ちでいっぱいなんですよね。

これからよろしくね♪うーちゃん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加