幸運体質になる99の方法:その12「余計な力を抜く」

バレリーナ

こんにちは。紺野です。

4月も半ばで、もう少しで花粉の季節も終わりますね〜。

私も毎年花粉に悩まされている1人なので、春はこれさえなければ好きなのにな〜と毎年思います(^-^;)

「幸運体質になる99の方法」ということで、詳しい趣旨はこちらの記事です。

さてさて、幸せになれる体質改善!その12は、

「余計な力を抜く」

やっぱり、何事も変に力んじゃうとよくないんですね~。

「余計な力を抜く」というのはある意味何にでも通じるコツみたいなものかもしれません。

何かのスポーツをされている方は身体感覚としてわかりやすいかもしれませんね。

私自身が体感としてこの「余計な力を抜く」ことの効果を特に実感したのは、以前にリフレクソロジー(足裏マッサージ)を勉強していた時です。

私は手も小さくて指も細くて、握力とかもそんなにあるわけではありません。

でも、仕事としてリフレクソロジーをやっていくには、どんな足の大きさのお客様がいらしても対応出来なければいけないわけです。

しかも、一日に何人も施術出来なければ仕事になりません。

足の裏が固い方もいらっしゃるので、結構な圧を加えなければならない場合もあります。

なので、見よう見まねで施術したりすると、頑丈そうな手で握力のある方であっても手を故障してしまうのです。

要は、コツがあるということです。

細かい技術的なことは文章でお伝えするのが難しいですが、そのコツの一番のポイントがやはり「余計な力を抜く」ことなのですよね~。

余計な力を使わないので疲れにくいですし、少しの力でしっかり必要な圧がかかります。

何より、受ける側にとって気持ちがよいと感じる施術になります。

まさに少しの力で最大限の効果。

体の使い方と技術が身に付いていて、余計な力を抜くことが出来れば、何人施術しても故障せずにやっていくことが出来るようになります。

じゃあ、余計な力を抜くにはどうしたらいいか、といえば。

リラックス!

自分の中心軸のようなものをしっかり定めて、それ以外はリラックス!

とてもシンプルです。

で、やはり心と体は繋がっていますので、精神的にリラックス出来ないと体も緊張しちゃいますよね~。

では、緊張しにくくなるにはどうしたらいいか。

それにはまず、ひたすらたくさん練習して本番の場数を踏んで、慣れること。

慣れないことを、本番でベストの力で出来る人はなかなかいません。

あとは、「楽な考え方」が出来るようになること。

全世界を背負っているかのようなプレッシャーを自分にかけてしまったら、それは緊張するってものです。

心のケアやメンタルトレーニング的なものも取り入れてみるとよいと思います。

パワーストーンもリラックス系の石はたくさんあります。

その中で1つ選ぶとしたら、やっぱり翡翠かな~。

穏やかさと落ち着きをもたらす石です。

まあとにかく、何事も余計な力が入っているとうまくいかないわけです。

自分の能力や魅力を最大限のパフォーマンスで発揮したいのであれば、まず「余計な力を抜く」。

これはもちろん、幸運体質づくりにも欠かせないことです。

やっていることが同じな場合、ガチガチに緊張している状態と、ふんわりリラックスしている状態では、やはり後者のほうが波動が高いのはなんとなくわかりますよね。

それに、リラックス出来るということは、自分自身や身の回りの環境に対して信頼出来ているということでもあります。

押さえるポイントは押さえて、ゆるくゆるく。

単に楽をするという意味ではなく「楽にやる」。

もし、がんばり過ぎて力が入っちゃってることがあるのであれば、「余計な力を抜く」を意識してみてくださいね。

ということで、幸運体質になる99の方法:その12「余計な力を抜く」。

お読みいただき、ありがとうございました(^-^)

ジェード(翡翠)・ブレスレットはこちら!